日頃パソコンを使っていて、調べた内容などをメモ代わりに載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小田急ロマンスカーVSEに乗ってみました
展望席のある専用特急列車で有名な小田急ロマンスカーですが
最新型のVSEに乗ってみました。

3週間ほど前に予約したところ、なんと先頭車両の最前列が
予約できました。
VSEなので、先頭は大きなガラスで見晴らしが良いです。

が、うっかりいつもの癖で窓側の座席を予約してしまいました。
VSEの最前列に関しては、通路側の方がお勧めです。
というのは、VSEの前は中央が開けているのですが、
左右は前面のガラスを支えるために、
車のAピラーのようになっています。

そのため、窓側だと、このピラー?が邪魔で見にくいです。
また、ガラスは縁の部分が湾曲しているため、
窓側から真っ直ぐ前を見ると、景色が若干ゆがんで見えます。

なので、中央の席だととにかく見晴らしがよくて良いですね。
前面のガラスは、飛散防止のため?かフィルムが張ってあり
これが若干目に付きますね。

前面のガラスは、比較的上の方まで空いているため、
意外と日光が中まで差してきます。

一番前の席だと、テーブルが特別に作られていますが、
面白かったのはテーブルの奥に専用の、
エアコン吹き出し口がある点。凝ってますね。

列車中央の当たりには、小型カメラがあるようで、
編成中程にあるビュッフェ車にあるテレビから
カメラの映像が見られます。


前の方に座る人は記念に写真取ってましたし、駅に着けば、
周りの人が写真取ってますね。
歴代のロマンスカーの中でもっとも近未来的な美しい流線型の
形ではないでしょうか。ぱっと目に付きます。

車内販売も前まで来ます。面白いのは、降りる駅を聞いている点で、乗車時間を考慮して出してくれるみたいですね。

箱根湯本から新宿までで2時間弱なので、意外と時間がないですので。
スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。