日頃パソコンを使っていて、調べた内容などをメモ代わりに載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PASMOを使ってみると
首都圏を全部PASMO1枚で通れる
さらにオートチャージ機能と定期を組み合わせれば、
路線もお金も機にせずに、首都圏は全て1枚のカードで通れる
という素晴らしいPASMOサービスですが、
ちょっと使ってみて、いろいろと気になったことを
まとめてみます。

まず、PASMOのチャージですが、
自動券売機で何もボタンを押さずに、
いきなりPASMOをつっこむと、その後なんの操作もできないようです。

まず最初に、PASMOのメニューを押してから、
カードを入れないと処理しないとのこと。
確かSuicaは途中から導入初期の頃はダメでしたが、
途中からは、真っ先に入れてOKになった気がします。

また、PASMOのチャージにはパスネットが使えないことが判明。
また、ICカード専用のチャージ機(精算機)がありますが、
これも現金によるチャージのみの模様。

ということは、中途半端に余ったパスネットは、
頑張って電車に乗って改札機に通すか、
切符購入時にパスネットを使うしかないようです。
ちなみに、切符購入時にパスネットを使うことはできました。

確か切符の購入時にクレジット使えたと思いますが、
PASMO購入をクレジットですることもできません。
ちょっとPASMO関連だけ、別物。。

このICカード専用のチャージ機(精算機)ですが、
私が利用していた私鉄では、19日の夕方ぐらいまで
「ただいま利用することができません」表示になっていました。
20時頃では、使えました。まだ準備中だったのでしょうか。

PASMO記念カードはSF額が0円で作られますが、
いきなりJRの改札口で叩いても、きちんとエラー起こさずに
3000円チャージされましたね。

しかしJRの改札機のカラフルな表示に比べ、私鉄の液晶の表示が。。


あと、PASMOの売りの一つ?であるWebからの履歴確認サービスを
申し込んでみました。

まだ、データが反映されないようなので、
とりあえず登録作業の様子について。

記名式PASMOカードの場合、ネットからの履歴確認ができますが
そのために専用のIDとパスワードを登録する必要があります。

記名式PASMOとの照合は、登録時に
カード番号
氏名(カタカナ) 半角カタカナ
生年月日
電話番号(半角英数)
の4つを登録することで、行います。

が、この登録がちょっとお粗末。。
まず氏名ですが、全角カナにするエラーが起きます。

しかも、エラーメッセージが、該当する情報がない
という旨のメッセージです。
半角で打ち込み直したら、すぐに成功しました。

せめて入力された文字が全角になってると
警告を出すぐらいすればいいと思うのですが。

まぁ慣れていれば、入力された全角文字を半角に直して
照合するというプログラムもささっとできますけどね。

ちなみに、この全角半角問題。
午前中マイページの登録画面には、何もなかったのですが、
夕方頃には、登録画面の下にずらずらと注意書きが追加され、
その中に半角カナにするよう書いてありました。

だから、すぐ半角カナに変換できるプログラムが。。
まだまだちょっとユーザーフレンドリーじゃないですね。

あと、電話番号の入力条件で半角"英"数って。。
電話番号に英語の文字ってありましたっけ。

まだまだってところが、やはりありますね。
今後に期待。
できれば、PASMOの利用履歴が、Money形式で出力してくれると
家計簿ソフトなどに交通費を取り込めるので、ありがたいのですが
さすがにやってくれないかなぁ。
スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。