日頃パソコンを使っていて、調べた内容などをメモ代わりに載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴルフGT TSIのエンジン(追記)
ゴルフGT TSIのエンジンについては、以前にも取りあげましたが、
新車情報ファイル クルマのツボでさらに詳しい情報が得られたので
追記です。

TSIエンジンとは、1.4Lのエンジンに
ターボチャージャーとスーパーチャージャーを組み合わせ
燃費を抑えつつ、高出力を実現したエンジンです。
で、このエンジンですが、具体的には
アイドリング時からエンジン回転数で2400回転までは
吸気は100%スーパーチャージャーを通ります。

2400回転から3500回転までは、
適切な吸気量になるように計算して、バルブを調整して
スーパーチャージャーを通すとのこと。

3500回転以上になると、
電磁クラッチによりスーパーチャージャーの動作を止めて
完全にターボのみの過給になるとのこと。

ターボチャージャーはどの回転数でも常に動いています。

空気の圧縮比では、最大で2.5倍まで圧縮すると言うことなので
数値の上では、出力は最大で3.5L自然吸気エンジン並みになると。

エンジンの出力的にはゴルフGTIに近いパワフルな物のようですが、
燃費はゴルフGTに近いぐらいの低燃費を実現しています。

これは、1.4Lという小排気量を生かし、
アイドリング等の低回転時には過給を押さえて、
その結果、燃費を上げているようです。

なので、峠道など、加減速が激しい運転では、
燃費がかなり悪くなるようです。

エンジンの構造は、エンジン本体に対して後ろにスーパーチャージャー
前にターボというちょっと面白い取り回しをしています。
ターボの冷却のために、前に持ってきたんでしょうかね。

このGT TSIは、人気車種らしく、最初の船で国内に運ばれた
1500台が全て売れ、今は入荷待ちだそうです。
スポンサーサイト

テーマ:フォルクスワーゲン - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。