日頃パソコンを使っていて、調べた内容などをメモ代わりに載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゼンリン電子地図 Zi9
ゼンリン電子地図Zi9を使ってみました。
前のZi8も使っていたので、比較もしながら。

まず起動して最初に驚くのは、
表示される地図が非常に綺麗になった点。

色も鮮やかで、また情報量も大幅に増えたようで
色々細かい情報が載っています。なかなか便利です。

収録されている市街地マップ(最も細かいデータ)に関しては、
ちょっと調べたところではZi8よりも多そうです。

その結果か、今回は全国版では、なんとDVDが3枚組です。
Zi8まではDVDは1枚でしたから、
それだけでも増えているのがわかります。

まぁ実際には3枚分全部足してもデータ容量が
10GB分ぐらいだったような気もしますが。

ルート探索も賢くなったようで、
推奨ルートに有料道路が含まれるのも多くなった気がします。
山手線エリアを突っ切るルートを指定すると
首都高を使うルートが出てきます。

同じルートなのにバージョンが変わる度に結果が変わるのは
面白いですね。Zi7の時も試していたので。
さて、次に使っていて思うのは、
おもい。。

とにかく重い。

Zi8までのあの軽快なスクロールが絶望的に無理です。
ズームアップやダウンをすると、最悪数秒待たされます。

私が使っているマシンは、古いとはいえ今でも遜色なく使え
しっかりした3Dカードを使っているので、
Vistaもフル機能で動くはずぐらいのですが
電子地図重たい。。

3Dにしても、重たいです。
まぁ2Dの時と比べるとそれほど変わらない感じですが。

しかし表示に関して設定できる部分がほとんど見あたらず
地図の表示方法を例えば白地図などにすれば、
描画される量が少ないので、多少軽快になります。

でも、時々固まるぐらい重くなるし、
なんとかならないのかな、これ。。

なおデータは、DVDから読み込む事になりますが、
今回は高速化のために仮想化して
HDDから読み込ませて、この遅さですから、
DVDから読み込んでたらどうなるんだろう。

経路探索とかでも、メニューの動きとかどことなくもっさり。

正直、この重たさはちょっとつらいです。
一部の機能だけならまだしも全般的にもっさりなので
操作する気が無くなりかけます。

サービスパック等で改善されることを強く望みます。

今回は一から作り直したのか、
GPSとの連携がプラグイン機能によってできます。
でも対応しているGPSがI-O DataのCFGPS2ともう2種類ぐらいで
以前より減った気が。。
スポンサーサイト

テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。