日頃パソコンを使っていて、調べた内容などをメモ代わりに載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Moneyの長所・短所
MicrosoftのMoneyを資産管理ソフトとして使っていますが
数ヶ月使ってみた感想などを。

長所


  • 細かい内訳などを入れる必要が無く大雑把に管理しやすい

    やはり家計簿入力で一番問題となるのは、どのくらい続けられるかです。
    その点、Moneyは大雑把で良いので続けやすいです。
    これは家計簿ソフトではなくて、資産管理ソフトだからですね。

    必要となれば、細かい内訳を入れることもできます。
    でも内訳単位でのレポートは無理だったかな?

  • たいていの金融機関から明細をオンラインで取り込める

    今やほとんどの銀行・クレジットカード会社がMoney形式での
    出力に対応しています。
    おかげで、クリックするだけで明細をそのままMoneyに取り込めます。

    取り込みでは、いちいちブラウザを立ち上げる必要が無く
    Money自身が各金融機関のWebサイトのURLを知っているので
    Money上からログインしてそのまますぐに取り込めます。

    また、明細は半角カナや文字数が制限されていますが
    Moneyに取り込み後に一度設定をしておけば
    名称を自動的にわかりやすい名称に変更してくれます。

  • 豊富なレポート
    月ごとの収支やエンゲル係数などが表示できます。
    また定期的な収支を予定に入れておくと
    未来の残高予測をしてくれます。


短所


  • やや重たい。
    計算が重いのか描画が重いのかわかりませんが、
    若干もたつくことがあります。

  • 操作がブラウザ風
    おそらくコンポーネントが完全にIE化されていると思うのですが
    レポート表示などは、Webページ表示と
    同じような動作をしています。

    メニュー形体などもWebのようで、
    普通のWindowsソフトとは異なります。
    まぁマウスの戻るボタンで前のページが
    表示できちゃうとかありますが。


まぁなんといっても明細のダウンロード機能と
豊富なレポートが便利ですね。

レポートは見て楽しむ?というか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。