日頃パソコンを使っていて、調べた内容などをメモ代わりに載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CanvasでEPSの編集
ドロー系ソフトとしてはAdobeのIllustratorが有名ですが
使いやすさで(旧?)DenebaのCanvasというソフトを使っています。

CanvasはEPSファイルを読み込めます。
(Canvasで取り扱えるファイルはこちら参照)
うまくいくと、EPSでのデータを元にCanvasオブジェクト
(長方形や円などのオブジェクト)に変換してくれます。

この時注意なのは、EPSファイルを読み込むのは
ダイアログボックスからか、何も開いていないCanvasにドロップするか
です。
開いているドキュメントにドロップすると、リンクとして作られてしまうようで
きちんと編集できません。

ただ、意外とこの変換が機能しないことが多いです。
そう言う場合は、EPSのまま取り込むを選択すれば、
EPSの内容を表示したまま編集できます。

ただし、この時EPSにプレビューデータがないと、
単に×点が描かれた四角だけしか出てこないです。

EPSにプレビューを付けるのはGSViewで
[Edit]-[Add EPS Preview]から選べばできます。
プレビューのファイル形式にはいくつか種類がありますが、
Interchangeにすると、Canvasが読み込み時に落ちました。
TIFF4では、きちんと読み込めます。

編集しているときは、プレビューが表示されています。
単にビットマップが貼り付けられている状態なので
元々読み込んだEPSファイルの中をいじることはできません。
上からCanvasオブジェクトをかぶせて隠すぐらいはできます。

ただ、読み込んだファイルにCanvasで線や四角など
オブジェクトを作ってEPSで保存すると、
元からあったデータを含めて、
全部ベクトルデータとして保存できているようです。

GhostScriptでファイルを開くと、全部ベクトルデータとして
処理してくれます。
おそらくCanvasがEPSのデータを解釈できなくても、
そのまま保存してくれるのでGhostScriptが解釈できるのでしょう。

このまま保存をPDFにすると、貼り付けたEPSの部分は
EPSのプレビューになってしまったと思います。
スポンサーサイト

テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。