FC2ブログ
日頃パソコンを使っていて、調べた内容などをメモ代わりに載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TeXで写真貼り付け
TeXは非常に綺麗な文章を作ることができるので愛用しています。
ただし画像の対応具合は必ずしも十分とは言えない。
写真を貼り付ける場合は、JPEGのままでもできる場合もあるがTeXで取り扱える形式ということでEPSが無難だと思う。

EPSに書き出す方法はいくつかあるが、手元にPhotoShopがあったので、それでEPS化することに。

色々調べると、EPSでもプレビュー無しで、エンコーディングはアスキータイプにしろとあるけれど、エンコーディングをバイナリにしてもDVIOUTでは、大丈夫な模様。
バイナリの方がファイルサイズ小さくて済むから良いような気がする。

ただしPhotoShopはデフォルトだと、画像補間方式のチェックがはずれていて、どうやら中間階調が無い模様。解像度の割に見た目が荒くなってしまうので、保存時に画像補間方式にチェックを入れておくと、マシになる気がする。

あと、昔は大丈夫だったのに、最近はEPSの画像サイズが狂ってるのはなぜ??
実は写真によって解像度が違うことが発覚。
物によって300pixel/inch だったり 15pixel/inch だったり。

これでは確かにサイズをピクセル指定すると、
実際のサイズがずれちゃいますね。

PhotoShopなんだから、サイズ変更の時に
実サイズ指定すれば良かった。。
スポンサーサイト

テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。