日頃パソコンを使っていて、調べた内容などをメモ代わりに載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヘッドホン
愛用しているヘッドホンの話を。

ヘッドホンと言っても、安いのは数千円から有りますが
高いのは数十万はする物と、結構幅があります。

数千円のヘッドホンに音は期待できないですが、
かといって追い求め出すときりがないと言ったところですが、
個人的にお勧めなのがSTAXのヘッドホンですね。

下にあるのはちょっと高いのですが、
安いのは2万ぐらいから有ります。
このSTAXのヘッドホン。
何が素晴らしいのかというと、
値段の割にものすごく音が良いです。

初めて聞いたとき、あまりにも音が良く聞こえるので、
今まで自分はどういう音を聞いていたのだろうと思いました。

余りうまく言葉で表すことができないのですが、
高音から低音まで十分に出るのはもちろんのこと
・高音はのびが出る(高音が広がる感じ?)、
・音に曇りがない感じ
・細かい音まで良く分解できる
というのがあります。

同じ曲でもこのヘッドホンで聴くと、
今まで自分は違う曲を聴いていたんだと思うぐらいですね。

細かい音が聞こえないのは、音楽が悪いんじゃなくて
ヘッドホンが悪いってすぐにわかります。
このぐらいのヘッドホンになると、
MP3で128kbpsが音が悪いのがすぐにわかります。

普通に聞いているとわかりにくいのですが、
高音の伸び、空間の広がり感?を意識すると
すぐに気が付きます。
普通のヘッドホンじゃわかりにくいです。

このSTAXのヘッドホンは、コンデンサー型と呼ばれるタイプです。
普通のヘッドホンとは動作原理が異なり、
正式にはイアスピーカーなんて言ったりします。

このコンデンサー型を作っているのはSTAXだけだと思いますが
特徴有るのは、繊細な音も十分に出せる点ですね。
そのため、音の分解能が高いです。

音楽のジャンルにも寄りますが、
特にクラシックでは、ものすごく綺麗に聞けます。
ジャズとかだと、違うかも知れませんが。

低音もかなり出るので、
最近の曲とかで低音を強めにマスタリングしてある曲を聞くと
むしろあまりにも不自然すぎる低音で不快感が出ますね。

密閉型もあるのですが、基本的にはオープンエアーと呼ばれるタイプで
外に音が結構漏れちゃうのと、外の音が良く聞こえちゃうのが難点ですね。
家で静かなところでゆっくり聞くのに適しています。

本体はさほど重くないので、長時間付けていても苦になりません。
あれもこれもと聴いててすぐに時間が経っちゃいます。


普通のヘッドホンよりは少し値が張りますが、
それだけの価値は十二分にあると思います。

一度聞いてみては如何でしょうか。
おそらく世界が変わると思います。
(TV音声聞いただけでも感動しましたね)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。