FC2ブログ
日頃パソコンを使っていて、調べた内容などをメモ代わりに載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
愛用のMP3プレイヤー
今や多くの人が使っているMP3プレイヤーですが、
私もいくつか使ってきました。

最初に買ったのは、SonyでNW-MS11という
ネットワークウォークマンでした。
メモリースティックに記録できるタイプです。
結構よく使っていたのですが、
1年程で間違って本体を潰してしまって
使えなくなってしまいました。

そこで今度新しく買ったのは、
iRiver のMP3プレイヤー iFP-599T でした。
買ったのは3年前でしたが、
当時メモリー内蔵タイプで最大容量であった1GB搭載していた物です。

5万円近くとかなり高かったのですが、FMラジオ搭載を始め、
イコライザ、EQ、録音機能と機能も満載していたので買いました。

本機は元々は音楽の転送は専用ソフトで使う方式で
いわゆるUSBマスストレージには対応していませんでした。

しかし、発売後しばらくして、
USBマスストレージ用のファームウェアが公開されたので
マスストレージタイプに切り替えました。

これでケーブルさえあれば、1GBのUSBメモリとなるわけで
当時USBメモリを持っていなかったので
大きなデータも余裕で入り助かりました。

特に意外とよく使ったのが録音機能で、
プレゼンテーションの練習などで、
ささっと録音することができました。

惜しむらくは、この機種はUSBの規格が古い1.1だったので
転送にやたら時間がかかる点ですね。
その他は操作性も良く、良くできていました。

今もこの iRiver のMP3プレイヤーを愛用しています。
ですから3年以上使っていることになります。
動画にこだわらなければ、
機能は最新の物とほとんど変わらないですし、
容量も最新の物に引けを取らない量です。

iRiver のプレイヤーは壊れやすいと聞いたことがありますが、
このプレイヤーはずっと元気ですね。
ごくまれに再生時にビリビリ音がすることがありましたが
電源を切ってしばらく放っておけば、直ってました。

メーカーも比較的頻繁にファームウェアをアップし、
買ってからも機能の追加がありました。
特にユーザーからの要望への対応が良く、
USBマスストレージ対応版のリリースや
OggVorbisへの対応も行われました。

ということで、iRiver は個人的にお気に入りなので、
今のMP3プレイヤーが壊れたら、
また iRiver のを買おうかなと思ってたりします。



スポンサーサイト

テーマ:MP3プレイヤー - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。