日頃パソコンを使っていて、調べた内容などをメモ代わりに載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カローラアクシオに試乗してみました
さて、続いてカローラアクシオに試乗してみました。
カローラは言わずと知れたトヨタの大衆車。
試乗車のタイプは1.5LのGグレードです。

このカローラが2006年の秋にモデルチェンジし、
セダンタイプがカローラアクシオという名前になっています。
ハッチバック?タイプがカローラフィールダー。

家の車から実に15年ほどでしょうか、年式が違うので
だいぶ変わっていますねぇ。

まずぱっと見大きく変わったのは、大きさ。特に車高が高いですね。
ただ、車高は全体を高くしたので、乗り降りが多少楽になった代わりに
室内の高さもあまり高くないです。デザインの関係でか
意外と後部座席が高くなく、座っていても、背筋を伸ばすと
頭が天上に触れます。最初試乗したときに、
ちょっと席を移ろうとしたら、がつんと当てました。。

また横からの衝突安全性を高めるために、横のドアを分厚くしたとのこと。
その関係でか、横のドアがどーんとある感じで、
余計に車体がでかく見えるようです。
乗り込んでみると、座席は少しふわっとした感じで
包み込むような感じですね。
セダンですし、前のヴィッツとは違いますね。
やはり長距離では差が出てきそうですね。

運転席から見たところは、フロントの端が見えそうで見えないです。
ちょうどワイパーで隠れている感じです。
車体の大きさがわかりやすいようにオプションで、ポールがありますが
このポール、ほぼ横ぎりぎりにつくのですが、アクシオのフロントは
曲がりやすくするため(お店の人談)に角が斜めになっており
フロントの中央はサイドからさらに数十cm出っ張っています。

なのでポールを目安にすると、左はだいたいわかりますが
前をがつんと当てますね。。

また15年前と比べると、トランクが奥に深い感じですね。
今のセダンの多くは天上から後にかけて
流れるようなデザインになっており、そのためトランクが短いですね。
トランクの中は広いので、必然的に奥に伸びたような形になります。

もしトランクの奥に荷物を入れると、完全に頭をトランクの中に
つっこむ形になります。出し入れ大変そう。。
あと、前の車にはトランクを照らす小さな電球があったのですが
Xグレードには無い??夜中暗いときとか便利なんですけどね。
Gグレードにはありました。Gグレード以上とか??

最近のはキーレスエントリーが主流ですが
Gグレード以上に着いているのは、さらに便利になっているようですね。
近くにいるだけでレバーを引けば、開きます。

この時、キーが運転席か助手席、トランク、いずれかの近くに有れば
運転席、助手席、トランクのキーが解除できるようです。
これはなかなか便利そうです。また、ドアが開いたまま
しばらく放っておくと、自動的にドアロックします。

ってことは、キー閉じ込みが??って思いましたが
きちんとキーの位置を見ていて、キーが車の中にあるときは
そもそもロックしません。すごいですね。

キーレスで疑問に思ったのが、開いたりしまったりすると
ハザードランプが点滅しますが、それ見ただけじゃ
わからないと思ったら、
開いたときとロックしたときの光り方(光る回数)が違うんですね。

あと疑問に思ったのが、ロックした直後に、
きちんとロックされたか確認するためにドアノブ握ったら、
その時にまたロックが解除されちゃう??
と思ったら、一度解除したり、ロックしたりすると
数秒間はすぐに別の動作ができない模様。

エンジンスタートは、Gグレード以上になるとプッシュボタン式になります。
ブレーキを踏みながらスタートボタンを押せばエンジンがかかります。
ボタン押しても、すぐにエンジンがかからず、なんか音がしてから
エンジンがかかってますね。なんかやってるのかな?

で、これ昔で言うACC ONとかONなどのエンジンは動かさないけど
電飾品を動かすためにはどうすればいいのだろうと思ったら
ブレーキを踏まずに、エンジンスタートスイッチを押せば
1回目がACC ON。2回押せばONになり、3回目でOFFになるとのこと。
ちゃんと考えられてますね、さすがに。

ただ、このあたりのトラブルは多いとか。
ブレーキ踏むのが足りなくてエンジンスタートスイッチ押してしまって
エンジンがかからず、その状態だと、すぐにはエンジン駆けられなくなるらしく
問い合わせが多いとか。

さて、実際に試乗してみた感じですが
さすがカローラですね。乗り心地はゆったりしています。
路面の振動などは抑えていて、ヴィッツとは大違いです。
まぁ比べる時点で間違えてますけど。

実際自分で運転してみると、
乗り心地がマイルド
ブレーキもマイルド
アクセルもマイルド
ですね。

ブレーキの効き方が、よく効くのですが、
かなりペダルを踏まないと効き出さない感じです。
ペダルに足乗っけただけで、ブレーキが効くと言うことがありません。
ピーキーじゃなくて楽ですが、とっさの時がちょっと怖い。。
家の車もそうですし、昔からカローラの特徴なんでしょうか、これ。

アクセルもある程度踏んでやると、エンジンが回ります。
すぐにぶわんっと回転数が上がることがありません。

この点RX-8は吹け上がりが良すぎるので、
空ぶかしで、すぐに4千回転ぐらいいっちゃいますね。

まぁ全体的に、良くも悪くもマイルドな仕様という感じ。

ミッションはCVTで、やはりこちらもヴィッツ同様
加速はスムーズですが、発進がもたつく感じ。

もたつくために、さらに踏み込んでしまい
発進時はかなりうるさいです。
メーターを見ると、意図していなくても
すぐに3千回転越えています。これは、乗るためには慣れが必要ですね。

ただ、同じ3千回転オーバーで比較すると、15年前の方が
音が静かな気がします。ミッションのせいかなにかわかりませんが
15年前のは結構力入れてたかも知れません。

まぁでも今のアクシオでも結構静かで、
特に停車しているときや定速走行時は静かですね。
スポンサーサイト

テーマ:トヨタ(TOYOTA) - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。